消費者金融の利用方法

> キャッシングは消費者金融が一番なのか?

キャッシングは消費者金融が一番なのか?

消費者金融のいろはでは消費者金融はどういうサービスかを説明しました。
実は消費者金融以外にも融資を行う機関があるのはご存知でしょうか。
キャッシングという言葉で考えると消費者金融と真っ先に思いつく
ことが多いと思われますが信販系、銀行系といった種類があるわけです。
比較的現在は信販系や銀行系はキャッシングよりもカードローンとよぶ
企業が増えてはきています。
そう考えると既にお気づきかと思われますが消費者金融は
消費者金融系ということになります。

キャッシングの機関によっての具体的な違い

実際にサービス面において差がでてくるのか。という点が
キャッシングやローンサービスを利用する方にとって気になる事項に
なるかと思います。実際に差はあります。
銀行系と消費者金融系がわかりやすいため比較してみましょう

内容/機関
消費者金融系 銀行系
総量規制
×
融資金額
~300万円程度
幅広い[※1]
お客対象
個人
個人・法人

[※1]銀行の場合法人と個人向けに幅広い商品を用意している。そのため
融資金額も幅が広い。個人の場合でも最高800万円近い融資を行う銀行系のサービスもある。法人になると億単位なども場合によってはある。

簡易的な比較ですが、消費者金融は個人向けになります為、 このようにある程度の制限が設けられています。 銀行系に関しては、個人から法人の大口融資まで対応をしているので 金額的な制限により面倒ということはないでしょう。

個人で小口融資を希望なら消費者金融。

法人、もしくは個人でも大口融資を希望なら銀行系など がいいということになるでしょう。 審査的な制約もありますので必ず銀行系から借りることができるのか といわれるとそうでもありませんのでそこは加味して検討される ことをお勧め致します。

銀行系は消費者金融と比べると審査が厳しい傾向があります。どうして小口融資なら消費者金融なのかと言うと、時間がある場合は銀行系に申し込んで結果を待つことも可能ですが、時間がかかってしまいます。なので、はじめから消費者金融で申込みしたほうが時間短縮が可能な事と、小口融資の場合であれば、金利が多少異なったとしてもそれほど気にならない程度の利息分しか違わないからです。例えば3万円を14%で30日間借入した場合と3万円を18%で30日間借入した場合を比べると年利14%の場合の利息は345円、年利18%の場合の利息は443円となります。
どうでしょうか?100円くらいしか違いませんね。