お金を借りる方法

> お金を借りる方法は消費者金融以外にあるのか

お金を借りる方法は消費者金融以外にあるのか

消費者は物をお金で消費する人たちのことですね。人間ですから現代社会でお金を使わないで生きていくことはまず不可能です。自給自足生活をしている人も電気水道ガスを多少なりとも利用している人が多いですし、借りにどういった普通のライフラインを通さなくても税金が発生しうることがあるでしょう。何かあった時の医者などなにもかも切り離してこの国に存在しない人間にならないと金が必要がないという人はいません。残念ながら。

こんな社会だから消費者金融がある?

お金なんてなくても幸せは手に入るという言葉を吐く人がいます。気持ちはわかります。ただそれは満たされたお金があるから言えることですよね。

~衣食足りて礼節を知る~

この一言に尽きるのではないでしょうか。極論じみた例えですが、消費者金融はこんな世の中だから存在するわけですよね。実際に今消費者金融がこの世から消えたら経済的にもおかしくなるでしょうし、大手が消えることによりヤミ金業者が巷にあふれかえることにもなりかねません。
現在の消費者金融がなくなるとあの時お金があればという人がたくさん出てくると思われます。

他に当てがある人はどのくらいいるのか。

当然仕事をしていないと消費者金融から借り入れは不可能なのですが、前提としてその時借りれないと人生が狂うという状況下において、消費者金融以外に借りる先があるのでしょうか?
1万円くらいであれば友人、知人、などに借りることはそれほど難しいことではないでしょう。
しかし10万20万となってくるとそうはいきません。金の貸し借りは貸してほしいと言われた人はわかるでしょうが、良い気持ちが本当にしません。それがたとえ肉親でっあってもです。

金の切れ目は縁の切れ目と言いますが、ありがちな話で、金にだらしのない肉親でも状況が悪化し絶縁状態の方も少なからずいるのは事実です。

お金とは残念ながらそういうものでしょう。冒頭でお話しした「お金なんかいらない」という人はおそらく逆に金を貸してほしいという人には貸さないと思います。そしてもしも貸してしまって帰ってこない時はやはり悔しい思いをするのだと思います。やはりお金は必要なのです。

そして実際のところ消費者金融が存在することによりそういった人間関係を気にする必要なく借り入れができるということも言えると思います。