消費者金融を上手に利用するコツ

> 消費者金融を上手に利用するコツ

消費者金融を上手に利用するコツ

消費者金融に恐怖感を持っている人って案外多いのではないでしょうか。
人によっては、多重債務で自己破産など暗いイメージが付きまとっているのかもしれません。
実際そういう人も少なくありませんから仕方ないかもしれないですね。
しかし、賢く利用すればとても便利なものなのですよ。
多重債務に陥ってしまう方は、利用の仕方が悪いとしか言いようがありません。
上手な利用の方法にはやはりコツがあるのです。

ではどうやって利用すれば良いのかというと、
消費者金融のいろは的に非常に重要と考えるのは
借りる目的を明確にすることが大切です。
何となくお金が足りないような気がする、何となく財布が寂しい気がする、
そういう目的のない借金が一番良くないのです。

借りるときは、旅行、結婚式、子供の入学、など目的と金額を明確にします。
そうすると借りすぎることもありませんし、返済計画も立てやすいです。
そして、この借りたお金を返し終わるまでは別でお金を借りないことです。
お金が入り用なことって結構重なってしまうものですが、
これが重なると多重債務者になってしまうという危機感をしっかり持っておきましょう。

カードの貸し借りは厳禁

消費者金融で融資を受けるというときには、カードを作る必要があるというところも多くあります。
そのカードがあれば、融資を受けることができるものでありますので、
非常に便利なものということができます。

しかし、もしそれ誰かに貸してしまうと、
お金を借りることができるようになってしまうため、危険です。
そのようなものはどのような理由があっても借りない、
貸さないということを心がける必要があるということができるのではないでしょうか。

利用明細書をチェックする

消費者金融でキャッシングしている人は、必ず利用明細書が送られてくると思います。
または、Web上で確認できるようにしている人もいますね。

なぜこの明細書が必要なのかというと、もちろん返済計画をきちんと立てるためです。
借りては返しを繰り返している人は、そのうち借金がある状態が当たり前になり、
自分がどれくらいお金を借りているのか分からなくなります。
こんなことにならないためにも利用明細書を逐一チェックすることが必要なのです。

返済期日を厳守する

消費者金融を利用するときには返済期日を必ず守るようにしましょう。
というのも、もしも返済が遅れてしまうと、遅延損害金を支払わなければならなくなるからです。
遅延損害金は、金利に上乗せされるのが一般的です。

法律で定められた上限の金利まで引き上げられますから発生する利息も大きくなるのです。
消費者金融から借りて、そして返すことができなくなる理由の一つが、この遅延損害金です。
ですから、返済期日は必ず守るようにしましょう。

できるだけ早く完済する

以前と比較すると、消費者金融の金利もそれほど高いものではなくなりましたが、
たとえば長期に渡っての返済となると、金利分の負担もそれなりに大きなものとなってきます。

消費者金融の金利は日割り計算で加算されますから、
もしも返済が可能な場合には一括返済などの方法で、
出来る限り早くに全額を返済してしまったほうが断然お得です。

全額を返済できなくても、少し余裕のある場合には繰り上げ返済などを利用して
無理のない範囲で多めに返済するなどを心がけることで、総支払額を減らすことが出来る上に、
消費者金融側からみても優良な顧客と判断されることになりますので、
限度額のアップにも繋がる場合があります。