消費者金融他社借入

> 消費者金融他社借入

消費者金融他社借入

消費者金融のキャッシングは誰でも簡単にお金を借入できる
といったイメージがありますが、実際にはかなり厳しく審査が行われているので
他社借入の多い人に関しては返済能力に難があると見做されてしまい、
新規でのキャッシングを断られてしまうのが一般的です。

他社借入が多いという事実は消費者金融側に大して与えるイメージが悪いだけではなく、
法律で定められている貸し出しの条件に引っかかってしまうことから
真面目に営業を行っている消費者金融からは敬遠されてしまうのです。

総量規制について

消費者金融などの貸金業と呼ばれる形態の会社には、
その営業に関しての取り決めが法律によって定められています。
この法律のことを貸金業法といいますが、その中には総量規制という
貸金業者が消費者に対して貸し出しを行ってもいいと認められている
金額の上限があります。

この総量規制では貸金業者が貸し出せるのは消費者の年収の3分の1まで
という決まりがあり、それを超える金額の貸し出しは認められていません。
他社借入の多い人の場合にはすでにその上限に達していることがほとんどなので、
新規にキャッシングを利用することが困難なのです。

総量規制対象外の銀行カードローンを利用すると他社借入である消費者金融借入をまとめる事ができるかも

銀行系とよばれる金融業者では審査の条件をクリアすることができる
という条件付ですが、おまとめローンというかたちで新規に借入をすることが
できる可能性があります。


ただし、銀行系の金融業者のおまとめローンでは他社借入の返済という
目的のために借入を行うことになるため、通常のキャッシングのように
自由に使い道を決めることはできません。