他社借入があり消去法で消費者金融にたどりついたなら

> 他社借入があり消去法で消費者金融にたどりついたなら

他社借入があり消去法で消費者金融にたどりついたなら

当サイトは【消費者金融のいろは】というサイト名であり、
これまで「お金の借り入れそのものが初めて」
という方向けの記事が多くを占めていましたが、
このページでは、銀行もしくはクレジットカード等での借入れが既にあって、
消費者金融での借入れを最後の砦として考えている。
という方向けに書いてみようと思います。

他社(銀行やクレカ)ではもう借り入れできないのでは?という方へ

こういった状況の方ならおそらく、2社以上から既に借入れがあって、
3社目以降として消費者金融から借りられるか?という方がほとんどかと思います。
なぜなら2社目までであれば、まだ銀行やクレカもその選択肢となりうるかもしれません。

結論からいいますと、消費者金融での借入れを利用しないほうが無難です。
それよりも、銀行のまとめ目的の借入れを利用し現在複数ある借入れを一本化して、
返済の負担を軽くするなどの対策を考えなければ、
おそらくこれからも借金は大きくなる一方です。
ここで一本化などの対策をとらずに、さらなる借入れをしてしまったなら、
自己破産などの債務整理にまで行き着くことは目に見えています。

総量規制の範囲内なら銀行での追加融資を

既に銀行での借入れがあるという方なら、
銀行での追加融資を検討するのもひとつの選択肢です。
いままでにきちんと返せているならば、ある程度信用度もアップしているはずです。
すべてにあてはまるとはいえませんが、全般的に見て銀行の審査基準は、
以前よりも通り易くなっていると考えて良いと思われます。

クレカ2社~3社なら新たに銀行から借入れ

クレジットカード会社2社~3社から借入れがあって、
さらなる借入れを検討するなら、まだ銀行でも審査に通過できる可能性があります。
上でも触れたとおり審査のハードルは低くなっています。
クレカのキャッシングでは総量規制という制限があるものの銀行ならありません。
しかし、この場合もまとめローンとしての申込みを行うべきでしょう。
まとめ目的であればさらに審査のハードルも下がると考えられます。

住宅ローン、マイカーローン、ショッピングローンが通らない

ちょっと他社借入アリの方のお話とは逸れますが、
住宅ローン・マイカーローンなど、いわゆる目的ローンが通らなかった方で、
審査通過できるかどうか不安で消費者金融ならいけるかも?という方。
このような状況の場合でも、まずはやはり銀行での申し込みをおすすめします。

まとめ

なんだか結論として銀行が良いという話ばかりとなりましたが、
それくらい現在の銀行カードローンは借り易い借入れ先といえます。
そしてやはり金利面においても有利ですし、イメージとして精神的な負担が少ないのも◎です。

しかし、どうしても銀行では審査通過できないという場合もあります。
その時こそ消費者金融を利用するという順序が正解なのではないでしょうか。